水道のプロが選択したディスポーザー

弊社では5つの基準でプロの目を通してディスポーザーを選択します


1.安全性能 2.排水性能 3.粉砕時間 4.静音性能 5.経済性

快適な連続投入モデル 快適な連続投入モデル ①・②の基本性能はやはり歴史があり多くのディスポーザーメーカーが鎬を削り勝ち抜いた米国籍企業の「インシンクイレータ」と「AMC」は群を抜いていま す。MAX、パナソニック、安永のディスポーザーは今のところ追従できないほど安全性能、排水性能には差があります。特に国産は流すものが多く限定されるなどディポーザー本来の威力を発揮していないディスポーザーも存在します。

の三角コーナー満杯のおおよその処理時間はAMCディスポーザーが30秒程度、インシンクイレーターは40秒程度、他のメーカーは1分~2分程度かかります。90秒を超えるディスポーザーを快適とはいえません。

の静音性に関してはインシンクイレーターAC105 が群を抜いて快適です。その次にMAX,パナソニックと続きます。AMCディスポーザーはサイレント仕様にしても唯一75デシベルを超え、集合住宅やスペースの狭いキッチンでは一般的なディスポーザーには比較にならない運転音が気になるところです。

の経済性に関してはほとんどのディスポーザーが300W以下で省エネタイプとなっています。特にインシンクイレーターは300W以下で1/2馬力と充分でグラインドリングのテクノロジーで粉砕能力も群を抜いています。AMCディスポーザーだけ古いアメリカンディスポーザーそのままの唯一500Wを越えるディスポーザーにしては消費電力が高くなっています。

上記のように弊社サイトがデーターとプロとして扱っている観点、経験から選択するとエマソン社インシンクイレーター・モデルAC105がクオリティが高く、なおかつ価格が抑えられた推奨品となります。 AC105パンフレットダウンロード
AC115MK2パンフレットダウンロード



AC105 製品紹介

マルチグラインド搭載

マルチ・グラインド搭載 粉砕メカニズムを繊維質の多い日本の食卓に向けて進化させました。粉砕部にステンレスボディーを採用して耐久性を向上。固定歯の数や角度に改良を加え粉砕性能をアップ。2つのステージに分けた固定刃が綿密に計算された複数の方向、角度に配置され生ゴミを多角的に磨り潰していきます。

サイレントディスポーザー

サイレントディスポーザー 粉砕部に「ステンレスボディ」「防振テールパイプ」採用。元来、静音性には評価の高いインシンクイレーターですが、さらに「防振トリムシェル」「防振マウント」を搭載することにより最も静かなディスポーザーに仕上がりました。集合住宅や住居スペースの狭い住宅事情でも快適に使用できます。

防音/防振

省エネタイプディスポーザー

省エネタイプ AC105は1/2馬力ながら300W という低消費電力を実現。AMCディスポーザーに比べれば大幅なコストダウンを実現しています。

世界市場占有率75% ナンバー1ディスポーザー

エマソン社インシンクイレーターは世界シェア75%を誇るダントツのTOPメーカーです。その中でもAC105は日本の住宅事情をリサーチし、粉砕時間、静音性、フリーメンテナンスを実現したのみならず唯一デザイン性や配色までスタイリッシュに仕上げています。

※エマソン社のディスポーザは、(社)日本下水道協会が定める「下水道のためのディスポーザ排水処理システム基準(案)」適合評価製品です。

お問い合わせはこちら


ディスポーザーの使用手順

1.水を出す 2.ディスポーザーの
  スイッチを入れる
3.生ゴミを連続投入
1.水を出す 2.ディスポーザーのスイッチを入れる 3.生ゴミを連続投入
4.生ゴミが処理されても
  更に10秒すすぐ
5.スイッチを切り水を止めて終了  
4.生ゴミが処理されても更に10秒すすぐ 5.スイッチを切り水を止めて終了  

Copyright (c) 2011 水廻りの修理・リフォーム株式会社朝日メンテナンス. All rights reserved.